健康的できれいな女性のカラダをつくる筋トレ、ストレッチ方法

悲劇を防げ!胸が垂れる前の筋トレをしてバストアップする方法

【スポンサーリンク】

産後に胸が垂れる…今すぐ始めたい予防のための筋トレとは?

よくお母さんたちの悩みにある産後の胸が垂れる現象。

出産と同時に自分のカラダが衰えていくような、あの切ない感覚。特に出産前はハリのある胸だったのに今となってはもう胸が垂れてしまった。

 

そんな悩みのあるお母さんはとても多いのです。

なぜ産後になると胸が垂れるのでしょうか?特に垂れるだけでなくしぼむこともありますよね。

そうならないように予防できるものならしておきたいですよね。

まずは胸に起きる変化をみていくことにしましょう!

産後の胸の変化とは?

f:id:stretch-profesional:20180829192546p:plain

妊娠から出産まで

女性は妊娠することで女性ホルモンが動きが活発になり胸にある乳腺が発達します。すると胸が徐々に張り、カップサイズが変わるほど胸が大きくなることも。

胸が大きくなるのに伴い、妊娠前よりも3~4倍の重さになり、胸を支える「クーパー靭帯」が伸びてしまうことがあります。クーパー靭帯は伸びたり切れたりすると、そのまま戻らなくなるので注意が必要です。

授乳開始から終わりまで

産後に授乳を開始すると女性ホルモンや乳腺脂肪が減少し始め、大きくなっていたバストも徐々に元の大きさに戻っていきます。

しかし、バストサイズが小さくなっても、伸びていた胸の皮膚はそのままの状態が維持されます。これによって、産後は皮膚が余って胸が垂れた状態に。

また、正しい姿勢で授乳を行わないと、赤ちゃんが母乳を飲む際に乳首を下に引っ張ってしまいます。そのためバスト全体が垂れ下がってしまい、産後はデコルテからもハリが失われてしまうのです。

産後1年後

卒乳してから産後1年を迎える頃までには、胸の大きさは妊娠前と同じサイズに戻ります。しかし、胸の形が変わっていたりハリがなくなっていることがあります。

左右まんべんなく授乳をすることが難しいため、産後は左右でバストサイズの違いが生じることがあるようです。さらに乳首に黒ずみが出てくることも。

また、育児中は猫背になることもしばしば。前かがみの状態が続くと肩甲骨が引っ張られた状態で固まり、リンパの流れが悪くなります。加えて代謝も悪くなり、胸を支える筋肉の力も低下。バストがしぼみ、ハリが失われてしまいます。

胸が垂れないための胸筋トレ

f:id:stretch-profesional:20180829193440p:plain

バストアップのためには胸の筋トレが必須になります。

筋トレは筋肉を大きくすることが目的です。つまりバストは脂肪であっていくら鍛えても何も効果はないですが、バストの下にある筋肉を膨張させることで胸を大きくすることができるのです。

筋トレの効果がでるまでの期間は?

よくある質問ですが、筋トレを始めて効果が出るまでの期間の目安は約3ヶ月です。

この3ヶ月が一番集中するところ。

多くの人は3ヶ月ももたずに諦めてしまいますが、粘り強く継続した人は胸を維持することができます。

頻度の理想は週に2回~3回でしょう。

筋トレは回復も必要であることから、休ませながら行うことが一番のポイントです!

女性の胸の張りをつくる筋トレ

腕立て伏せ

f:id:stretch-profesional:20180829194926j:plain

腕立て伏せは最もオーソドックスな腕立て伏せのやり方です。

この腕立て伏せを行うことで、胸の筋肉が鍛えられ、胸の張りとなるのです。

最初はなかなかできない人も多いですが、膝をついた状態で始めてもいいでしょう!

特に無理をして変なフォームにするよりも、膝をついてしっかりとしたフォームにすることのほうが重要です。

 

回数の目安は1セットあたり15回~20回。

これを3セット繰り返しましょう。3セット繰り返すと筋肉に相当の疲労とダメージを与える事ができるので、効率的に鍛えることができます。

ジムでやるならチェストプレス

f:id:stretch-profesional:20180829195456j:plain

ジムに通っている方なら誰でもみたことのあるマシンですね!

チェストプレスは安定した状態での筋力トレーニングであるために誰でも簡単に胸が鍛えられます。

やっていると地味にも感じますが、ポイントがあります。

まず、握ったときに、親指側に力を入れておくこと。親指側で押すことで胸にダイレクトに効きます。

そして次に肩甲骨を寄せたまま行うこと。これは胸を張った状態にすれば勝手に肩甲骨は寄せることができるのでいいでしょう。

次に、押すときに呼吸をはきます。基本的に筋力トレーニングは力を入れるときに息を吐きます。

その理由は力を入れる際はグッと息を止めることが多いのですが、実際にそのまま続けると高血圧となったり、酸欠になったりで気を失うこともあるからです。

そうならないようにしっかり呼吸をしましょう。

産後に胸が垂れないために今のうちから鍛えておきましょう

産後から鍛え始めてもいいですが、育児や家庭のことでなかなか時間が取れないこともあります。

だから今のうちから筋トレをしておくことが一番の理想ではありますが、産後からでももちろん予防はできます。

ジムに行くことは難しくても家でできることはあるので、そのように工夫しながら鍛えていきましょう。

鍛えることは基礎代謝を上げることにもつながるためとても良い運動です。是非頑張ってくださいね!