健康的できれいな女性のカラダをつくる筋トレ、ストレッチ方法

悲劇を防げ!胸が垂れる前の筋トレをしてバストアップする方法

【スポンサーリンク】

女性必見!太もも痩せに即効性のある自宅筋トレは!?

女性の皆さんの中で太ももが太くで気になる方は多いですよね。

太ももが太いとパンツも合わなければ、スカートも履けません。

ファッションを楽しみたくても太ももが気になっていつも諦めてしまう。これまでにも痩せる方法をみたり、トライしてきたけど今いち効果がわからない。

 

それに痩せたいと思ってもキツくて時間のかかるものはやりたくない!そんなわがまま女子が多いですよね。

 

でもそんなわがまま女子の願いを叶えるための即効性のある筋トレを紹介したいと思います。

是非参考にしてくださいね!

太ももが太くなる原因は?

f:id:stretch-profesional:20180824094101p:plain

細い太ももは女性の誰もが憧れますよね!しかし一度太くなると痩せにくい部位でもあるのが太もも。

これは悩みが大きいです。そもそもなぜ太ももが痩せにくいのかみていきましょう!

筋肉がついている

もともと筋肉がついている人は足が太くみえる傾向にあります。

特に下半身を強化してきたソフトボール、バレーボール、柔道、卓球、テニス、陸上ですね。

これらのスポーツは下半身が大切なためトレーニング内容も下半身メインになりがち。

また、以外なことにハイヒールをよく履く方も足に筋肉がつくため、太く見えてしまうことがあります。

足を気にしているモデルさんはプライベートではハイヒールを履かないと聞きます。

そして過去にスポーツを頑張った人がそのまま放置すると脂肪に変わっていることもあります。

脂肪がついている

脂肪は足には元々大きな筋肉がついているため、筋肉が落ちてそこに脂肪が乗ると、他の部位よりも目立ちやすくなってしまいます。

また足や太ももはセルライトがつきやすい場所だということも言われています。

セルライトは脂肪組織に老廃物が入り込んだものであり、一度セルライトになると取りにくいこともわかっています。

また代謝が悪くむくみやすい人は、老廃物やリンパ液が滞るので脂肪になります。

女性と男性では基礎代謝量が違うため冷え性になりやすこともわかっています。暑がりが男性に多いのはそういうことですね。

太もも痩せで重要なポイント!

ここではきれいな太ももについてお伝えします。

まず太もも痩せで重要なことはどれくらい細くするか?ということですね。

太ももは、単純に細ければよいというわけではありません。

 

太ももだけ極端に細いと、見た目がおかしくなってしまいますから、体全体のバランスを見て細さを調整する必要があります。

では、太ももの細さはどのように決めたらよいのでしょうか。その時に目安となるのが、理想の太ももの太さを計算できる式です。

 

「身長×0.3」で算出された数字が理想的な太ももの太さなのです。

 

例えば身長が160㎝の方なら太ももの一番太い部分は48㎝が理想となります。

勿論、好みによってもう少し細く、もう少し太くというのはあると思いますが、具体的な数字を目標にすることでより太もも痩せダイエットに取り組みやすくなると思います。

 

太ももを細くする筋トレ

f:id:stretch-profesional:20180824095531p:plain

太ももを細くする筋トレは沢山ありますが、中でもわがまま女子でもできる簡単な筋トレを紹介したいと思います。

やっぱり続かないと意味がないですからね!

痩せるための秘訣はいかに続くことができるか?ですからね。

レッグアダクション

f:id:stretch-profesional:20180824100034j:plain

レッグアダクションも内転筋を鍛えるトレーニングです。

これも地味に効きますので是非取り入れたいトレーニング種目の一つでしょう。

動きの幅は大きくなくても良いので細かく動かしていきます。自宅ででき、道具を必要としないため誰でもできる内容ですね。

1 横向きに寝ます

2 上側の足を曲げて床に着地させます

3 下側の脚は伸ばしたまま真上に上げていきましょう

4 素早く上げ下げを繰り返していきます

5 20回を3セット行いましょう

ワイドスクワット

f:id:stretch-profesional:20180824100227j:plain

ワイドスクワットは内転筋をダイレクトに鍛えていくトレーニング種目です。

特に道具も使わず、場所を選ぶこともないのでいつでもどこでもできるのがポイントです。

普通のスクワットとは違い、内転筋をメインにしたスクワットであるためお尻を小さくする効果が高くなります。

1 両足をワイドに広げます

2 つま先を45度から60度に向けます

3 そのままゆっくり下ろしていきましょう

4 下ろしたところで5秒キープしてまた戻します

5 10回を目安に行いましょう

まとめ

いかがでしたでしょうか?

この2つなら自宅でも簡単にできる筋トレですよね。

2種目とも鍛える場所は変わります。筋肉は鍛える場所を変えることで刺激が変わり、効果が出てきます。

特に下半身は大きな筋肉が密集している場所でもあります。だからこそあらゆる角度やバリエーションでトレーニングをすると徐々に脂肪が削られてくるのです。

これらのトレーニングを週に2回~3回やってみてください。そうすると2ヵ月~3ヶ月後には見た目でわかる程度に変わります。

是非希望を持ち、諦めない精神でコツコツと続けていってください!きっとあなたもきれいな体型、太ももが手に入ります。