健康的できれいな女性のカラダをつくる筋トレ、ストレッチ方法

悲劇を防げ!胸が垂れる前の筋トレをしてバストアップする方法

【スポンサーリンク】

お尻を短期間で小さくする簡単な方法とは!?骨盤に秘密あり

外出するにも、人と会うにもお尻が大きいと後ろから見られているんじゃないかと不安になりますよね。

お尻が大きい女性は色々とヒップアップの方法や小さくする方法をネットや雑誌で調べていると思います。

 

しかし、どれも時間がかかるものばかり。

時間がかかるものは途中で挫折しそうになりますよね。だからこそ短期間でお尻をキュッと小さくする方法があると嬉しい限り。

 

でも実際にそんな方法はあるのでしょうか?と疑問に思われる方もいます。

しかし現実には存在します。

それは補正下着とかではなく骨盤を調整することでできるのです。

 

普通の筋トレやストレッチは最低でも効果が現れるまでに2ヵ月~3ヶ月程度はかかるでしょう。

しかしこの骨盤調整は毎日2分程度を続けるだけで約2週間でお尻が小さくなる効果がでてきます。

 

そりゃ1日で、一瞬で効果のでるものがあればいいですがそれは難しいですよね。そんな方法があれば今頃筋トレもストレッチも美容サロンも美容整形外科も潰れてますよね。

ではどうやるのか?その全貌を明らかにしましょう!

骨盤とお尻の関係

f:id:stretch-profesional:20180823113439p:plain

お尻が大きく見えるのは骨盤が原因だった?

f:id:stretch-profesional:20180823113721j:plain

この画像みるとわかるように骨盤が開いた状態と閉じた状態ではお尻の形が違います。

皆さんもよくみてくださいね。

骨盤が開くとお尻のまるみがなくなり、ストンと落ちていますよね。

つまりお尻の下側に脂肪が溜まるということですね。この状態が蓄積していくと、時間とともにお尻がどんどん大きくなるのです。

そして脂肪が溜まった証拠ということになります。

これではショックも大きいですよね。

骨盤が開く原因は?

骨盤が開く原因は一体どんなところにあるのでしょうか?

まず一番多いのは姿勢のゆがみです。姿勢がゆがむと骨盤は開きます。

例えばデスクワークの人にありがちな猫背姿勢。猫背は脊柱を丸め、お尻が垂れるのを助長します。

すると重心の位置がずれ、骨盤は身体の中心に位置するためにゆがみ始めます。

まずは姿勢を正しくすることを心がけましょう。そして定期的なメンテナンスもしておきましょう。

姿勢のゆがみはお尻だけでなく、ぽっこりお腹や、贅肉がつく原因にもなります。

気づかないうちに徐々に増えてくるものなので気にしておきましょう。

骨盤の開きを改善する筋肉は?

f:id:stretch-profesional:20180823120453j:plain

骨盤と関係のある筋肉は内転筋という筋肉です。

別名内ももとも呼ばれますが、この筋肉が衰えると骨盤が徐々に開いてきます。

すると既述しましたがお尻が垂れて脂肪が蓄積されてしまいお尻が大きくなるのです。

 

内転筋は3つの筋肉で構成されています。全てを覚える必要はありませんが、どの辺に付着している筋肉なのか?をみておくことは大切ですね。

 

日々内転筋をしっかり鍛えておくことでお尻が大きくならずに済みます。

お尻の大きい人はほとんどが内転筋の筋力不足です。

 

 

短期間でお尻を小さくする効果的な内転筋トレーニング

ワイドスクワット

f:id:stretch-profesional:20180823121525j:plain

ワイドスクワットは内転筋をダイレクトに鍛えていくトレーニング種目です。

特に道具も使わず、場所を選ぶこともないのでいつでもどこでもできるのがポイントです。

普通のスクワットとは違い、内転筋をメインにしたスクワットであるためお尻を小さくする効果が高くなります。

1 両足をワイドに広げます

2 つま先を45度から60度に向けます

3 そのままゆっくり下ろしていきましょう

4 下ろしたところで5秒キープしてまた戻します

5 10回を目安に行いましょう

レッグアダクション

f:id:stretch-profesional:20180823121827j:plain

レッグアダクションも内転筋を鍛えるトレーニングです。

これも地味に効きますので是非取り入れたいトレーニング種目の一つでしょう。

動きの幅は大きくなくても良いので細かく動かしていきます。自宅ででき、道具を必要としないため誰でもできる内容ですね。

1 横向きに寝ます

2 上側の足を曲げて床に着地させます

3 下側の脚は伸ばしたまま真上に上げていきましょう

4 素早く上げ下げを繰り返していきます

5 20回を3セット行いましょう

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回紹介したこの2つのトレーニングを徹底して2週間トライしてみてください。

内転筋が鍛えられ、骨盤が閉じるのでお尻が小さくなってきます。

もちろんその後も継続ですが、すぐに効果のでるものでないとモチベーションが続かないですよね。

だからこそ短期集中で行いましょう。

とは言っても毎日やる必要はありません。1日置き、もしくは週に4回~5回程度の頻度で行いましょう!

きっとお尻が小さくなりますよ。