健康的できれいな女性のカラダをつくる筋トレ、ストレッチ方法

悲劇を防げ!胸が垂れる前の筋トレをしてバストアップする方法

【スポンサーリンク】

胸が垂れるのはストレッチで改善!?女性向け自宅ストレッチ

女性の中で胸が垂れるのを気にしている人は多いと思います。

でもなかなか言い出せない現実もあり、人に相談してもその人が胸が垂れたことがあるのかなんてわからないし……

 

でも自宅でできるセルフストレッチが胸が垂れるのを改善してくれるとしたらとても嬉しいですよね!

ストレッチは筋肉を伸ばす行為をするもの。ストレッチと胸が垂れるのを防ぐのはどう関係するのかもよくわからないですよね。

 

今回は女性の胸が垂れるのを防ぐやり方の紹介です。

自宅でできる簡単なストレッチなので目を通してみましょう!

胸が垂れる原因とストレッチ

f:id:stretch-profesional:20180821181341p:plain

胸が垂れる原因は様々な要素からなります。

・クーパー靭帯が伸びてしまうことで胸が垂れる

・食生活が乱れていて筋肉が低下することで胸が垂れる

・姿勢が悪いことで胸が垂れる

 

など色々あります。

中でも目に見えてわかりやすいのは姿勢の崩れですよね。筋肉量があるかないかは機械で計測しないとわからないですし、クーパー靭帯が伸びているかどうかも実際にはわからないことが多いですよね。

 

特にストレッチで胸が垂れているのを改善できる場合は姿勢が悪い人です。

長時間のデスクワークによる姿勢の崩れ、ゆがみが胸とどう関係があるのかみていきましょう。

姿勢と胸が垂れる関係は?

姿勢と胸が垂れる原因は実は直接的な関係はありません。

正確には筋肉が硬くなることで姿勢が崩れることで結果的に胸が垂れる。というのが流れです。

f:id:stretch-profesional:20180821182644p:plain

皆さんこの2つの姿勢を比べると一目瞭然にわかりますね。左は猫背によって胸が垂れています。右は正常な姿勢で胸にハリがありますね。

 

つまり猫背になると胸が下がるということです。

でもなぜ、猫背になってしまうんでしょうか?次は猫背の原因を理解しましょう。

猫背になる原因は?

長時間のデスクワーク

長時間のデスクワークは猫背を誘発します。なぜなら正しい姿勢でデスクワークを行っている人はほとんどいません。

PCに向かう、メモを取るとなると目線が下になります。すると頭の位置が前に突出し頭の重みで背中が丸まります。

この状態が長時間続くことで猫背になりますね。

胸の筋肉が硬い

胸の筋肉がでデスクワークで硬くなると巻き肩といって肩が内巻きになります。すると胸の筋肉が収縮した状態になるため背中が丸まり猫背になります。

この胸のストレッチは定期的に行わないと徐々に垂れてきます。

早めの対策が必要ですね。

今回猫背によって発症する胸の垂るみは全て胸の筋肉が硬いことによるといっても過言ではないでしょう。

胸のストレッチを行うことで胸郭が開き、肩が元の位置に戻り、猫背も改善されてきます。

デスクワークの改善は正直なところ難しいですよね。

だからこそ胸のストレッチでしっかりと姿勢を改善しハリのある胸を作りましょう。

胸の垂るみを改善する胸ストレッチの方法

f:id:stretch-profesional:20180821183749p:plain

壁を使った胸のストレッチ

f:id:stretch-profesional:20180821184522j:plain

まず最初に紹介するのは壁を使った胸のストレッチですね。壁であればどこでも問題はありません。

自宅でもオフィスでもトイレでもどこでもできますね。

やり方の紹介をします。

1 伸ばす側の手を壁にあてます

2 肘を90度にし胸を開くようにしましょう

3 一歩前に出てストレッチをより効かせましょう

4 その状態で20秒キープ

5 反対側も同様に行います

タオルを使った胸のストレッチ

f:id:stretch-profesional:20180821184734j:plain

タオルを使ったストレッチです。

タオルのメリットは可動域が固定されて安定することです、握っている限り動きが安定するので正確に効かせられます。

自宅にあるフェイスタオルを用いて行うといいでしょう。

ハンカチ程度の大きさでは長さが足りなくなるので注意しましょう。

やり方の紹介。

1 立位でタオルを両手にもちます

2 そのまま後ろに手を回していきます

3 回せる範囲で固定し肩甲骨を寄せ胸を開きます

4 そのままキープすること20秒

5 20秒を3セット行いましょう

6 呼吸は止めずに大きく息を吸って吐いてを繰り返します

胸のストレッチポール

f:id:stretch-profesional:20180821185225j:plain

胸のストレッチポールのやり方です。ダンベルがあると更にストレッチを効かせやすいですがなければそのままで大丈夫です。

ただしダンベルの重みを活かすことができると効果は高いので購入されても良いでしょう。

やり方の紹介

1 ストレッチポールの上に寝ます

2 両足で上体を固定します

3 ダンベルを持ち胸を開いていきましょう

4 手を横に広げますが、肘はやや曲げておきましょう

5 その状態でキープすること10秒~20秒

6 ゆっくり呼吸をしながら伸ばし3セット繰り返していきましょう

まとめ

いかがでしたでしょうか?

胸のストレッチをすることが胸の垂れを防ぐことに繋がることがよく理解できたと思います。

胸のストレッチは猫背を改善し、姿勢を美しくする効果もあります。

胸にハリを与え、更に姿勢まで改善しより女子力を高めるストレッチを今日から始めてみませんか?

だいたい効果を感じるまでに約3ヶ月程度はみておきましょう。

すぐには結果は出ません。しかしやり続ければでます。頑張ってくださいね!