健康的できれいな女性のカラダをつくる筋トレ、ストレッチ方法

悲劇を防げ!胸が垂れる前の筋トレをしてバストアップする方法

【スポンサーリンク】

二の腕に脂肪がつく原因は?女性必見な4つのワケ

女性の皆さんの中には二の腕の脂肪が気になってきた方は多いのではないでしょうか?

 

腕を伸ばした瞬間にたるむあの感じ。気になって人前に出すのが恥ずかしい。

男性にも見られているような気がしてなんとかしたいけどどうしたらいいの?

加齢に伴うカラダの変化は様々ですよね。

 

今回は女性の悩みに多い二の腕がなぜ垂れるのか?なぜ脂肪がついてしまうのかについて解説したと思います。

原因がわかれば後は対策をしていくのみですね。

今一度しっかり理解しておきましょう。

女性の二の腕にはなぜ脂肪がつくのか?その原因は?

f:id:stretch-profesional:20180818201159p:plain

そもそも二の腕とはどこの部分を指すのでしょうか?そこからみていくことにしましょう。

二の腕とは正しくは上腕二頭筋と上腕三頭筋によって構成されています。

よく皆さんが気にする部分は上腕三頭筋の部分ですね。上腕二頭筋は力こぶの部分であり男性が鍛えるときに意識する筋肉ではないでしょうか。

f:id:stretch-profesional:20180818201649j:plain

 

 

画像をみての通り腕の裏側に位置する部分が今回のテーマである部分ですね。

ここに脂肪がつくことで腕が太くみえるようになります。

それは上腕三頭筋というのは3つの筋肉で構成されているため、上腕二頭筋のように2つで構成されている筋肉とは数が違います。

よってどうしても太くみえやすくなる部位です。

 

でもなぜ上腕三頭筋に脂肪がつきやすいのかみていくことにしましょう。

 

 脂肪がつく原因①:食べすぎ

f:id:stretch-profesional:20180818203024p:plain

一般的に多くの場合二の腕に脂肪が蓄積されていることがほとんどです。

特に腕周りに脂肪がつく場合は、身体全体にも脂肪が蓄積されている結果であると言えます。

よく部分痩せの話にもでますが結論から言って部分痩せはできないのが現状です。なぜならカラダ全体にカロリーオーバーが反映されまずは大きな筋肉に脂肪が付着します。

 

太ってきて腕だけが脂肪がつくなんてありえませんよね。つまり腕に脂肪がついているということは他の部位にも十分に脂肪がついていると言えます。

 

太る原因は単純明解で食べすぎによるカロリーオーバーです。運動しても大した消費量にはならないためジム帰りに沢山食べている人は逆に太ってしまうことがあります。

 

体重だけでなく体脂肪も蓄積されてきます。体脂肪率が高くなると比例して二の腕は太くなっていくのです。

脂肪がつく原因②:筋力不足

f:id:stretch-profesional:20180818203147p:plain

 続いて多いのが筋力不足です。

筋力不足になるとどんどん皮膚が垂れさがってきます。これは皮膚の割合として筋肉よりも脂肪が多くなっているためと言えるでしょう。

筋肉は弾力のある性質がありますが、脂肪は柔らかくて弾力はありません。

だから筋力不足になると重力によって腕から脂肪が垂れさがるのです。 

 

特に筋肉は20代をピークに徐々に落ち続けます。

30代になると途端に筋力が加速したかのように落ち始めるとともにカラダにも表れてきます。

 

ここで皆さん焦り始めますが特に対策をしないと更に加速していきます。

二の腕くらいならまだいいですが、お尻や太ももも脂肪化しているはずなので歩くことにタポタポプニプニ揺れます。

それをかわいいと思ってくれる男性がいればいいですが、男性はやっぱり健康的で引き締まるところはしっかり締まっている女性が好みの方は多いです。

 

前述した上腕三頭筋を鍛えることで筋肉量を増やすことができ脂肪が取り除けます。しかしここで重要なのはすぐには結果が出ないということです。

筋トレはやればやっただけ効果は確実に出ます。

 

しかし皆さん途中で挫折する方もいますね。それではせっかく取り組んできたものが台無しです。

諦めずに取り組み続けてください。絶対効果でます。

脂肪がつく原因③:普段の姿勢が悪い

f:id:stretch-profesional:20180818204209p:plain

姿勢の悪さと二の腕の脂肪の関係はリンパの流れが問題にあります。一見全く関係ないようにも思いますが、姿勢の悪い人に多いのは猫背や巻き肩です。

するとリンパがよく流れる鎖骨付近が圧迫されてしまいリンパの流れが悪くなります。

これが続くと徐々に脂肪が蓄積されてくるのです。

 

そもそもリンパが良くなることでむくみや浮腫がなくなりますが、流れが悪ければその逆ですよね。

むくむということは男性に比べてそもそも二の腕に脂肪が多いわけですから余計に目立つということですね。

しかし難しいのは二の腕のリンパの流れが悪いことに気づきにくいということ。

だから知らず知らずのうちに太くなっていることがあります。

 

まずは姿勢を改善しないと根本的な解決にはなりません。そこでオススメなのはストレッチや筋トレです。

やはり筋トレとストレッチは健康的な体を作るうえで必須ということですね!

脂肪がつく原因④:もうセルライトになってしまっている 

 

f:id:stretch-profesional:20180818205729p:plain

 

 

今既に皮膚がボコボコになっている人はいませんか?それは脂肪がセルライトになった証拠です。

セルライトの正体は脂肪に付着した老廃物です。この老廃物が脂肪細胞に入り膨らんだ結果としてこのような状態になるのです。

 

 

このセルライトは、普通の脂肪よりも落ちにくいので、とても厄介なんです。二の腕は、お尻や太ももに比べると、セルライトは付きにくいのですが、それでも次のような人は二の腕にもセルライトが付くことがあります。

 

一度確認してみてもいいでしょう。うっすらでもセルライトがある場合は早急に対応しましょう。

食事、運動を早めに改善していくことが大切です。

一般的にセルライトは一度ついてしまったらもう落ちないとされていますが、そんな

とはありません。地道にダイエットをすれば、セルライトの脂肪は小さくなりますし皮膚のボコボコは目立たなくなります。

改善策は筋トレとストレッチ

f:id:stretch-profesional:20180818211056p:plain

このように女性の二の腕には脂肪がつきやすいことがわかっています。

だからこそ筋トレとストレッチをしていきましょう。また食事もとても大切な要素になります。

姿勢を改善したり脂肪そのものを取り除くのはもう現代ではこの方法が一番忠実に効き目のある方法でしょう。

エステや吸引もありますが肝心なのはあなたの生活習慣が変わらない限り、常にその脂肪がつくリスクと隣合わせということです。

 

既にトレーニングやストレッチをする習慣のある方は、例え太ったとしても自分で解決できる習慣と方法が身についています。

少しずつ習慣を作っていきましょう。