健康的できれいな女性のカラダをつくる筋トレ、ストレッチ方法

悲劇を防げ!胸が垂れる前の筋トレをしてバストアップする方法

【スポンサーリンク】

バストが垂れる原因は?ストレッチや筋トレが効果的!

胸が垂れてきた。なんだかハリがなくなったと感じる女性は多いのではないでしょうか?

女性の胸のたるみの原因は様々な要素が絡んでいます。

年齢のせい?脂肪がなくなったせい?運動不足?姿勢が悪いから?など思いつくものは沢山ありますよね。

 

そこで今回は女性の悩みを解決するためなぜ胸が垂れるのか?を徹底的に調べました。

是非参考にしてみてくださいね。

胸が垂れる原因は?

f:id:stretch-profesional:20180818102403p:plain

クーパー靭帯の切れ、伸び

クーパー靭帯は皆さん聞いたことがあるでしょうか?

まず、バストが発達するメカニズムとして年齢的には10代後半から20代前半にむけて膨らむということ。

 

つまりその期間以降は乳腺の発達が衰えていくために脂肪がつきやすくなります。

その脂肪の正体が皮下脂肪ですね。

脂肪には内臓脂肪と皮下脂肪がありますが、バストは内臓ではないので皮下脂肪ということになります。

脂肪自体は筋肉よりも軽い組織ですが、衰えにより蓄積されていくとバスト自体が重くなり、クーパー靭帯が伸びてしまいます。

するとバストの崩れを発生させ、垂れてくることがあります。

また産後にバストが垂れる原因としてもクーパー靭帯の伸びが原因であることが大きいのです。

そして一度伸びてしまったクーパー靭帯はもとに戻すことはできず、切れてしまった場合は完全に元に戻ることはないと考えたほうがいいでしょう。

姿勢が悪い

f:id:stretch-profesional:20180818103236p:plain

姿勢とバストの垂るみは大きく関係してきます。

現代人は座っている時間がとても長く、たいていの人はデスクワークであることが多いのです。

またデスクワークでも姿勢を正しくしていれば問題はありませんが、それは不可能なことですよね。

姿勢が悪い状態で特に多いのが前かがみ姿勢。

f:id:stretch-profesional:20180818103510p:plain

画像をみると一目瞭然ですが前かがみ姿勢だとバストの位置が完全に下がっていますね。

皆さんはこのような姿勢にはなっていませんか?

前かがみは猫背とも言いますが、日頃から姿勢に気を付けておかないとこのようにバストが下に下がってくるのです。

姿勢一つでここまで大きく変わることを皆さんも理解しておきましょう。

女性ホルモンであるエストロゲンの減少

f:id:stretch-profesional:20180818104450p:plain

バストの張りとホルモンにはとても深い関係があることを皆さんはご存知でしょうか?

乳腺の発達を促しているのはエストロゲンという女性特有のホルモンの影響によるものです。

またもう一つプロゲステロンというホルモンもありますがこれらは生理周期によって分泌量が変わります。

エストロゲンが多く分泌される時期としては生理終了後です。

ここで一番多くのエストロゲンが分泌されるのでこのタイミングを狙って食生活や運動習慣を身に着けておくといいでしょう。

逆に言えば日々の生活習慣が乱れているとエストロゲンの分泌量が低下しバストが垂れてきます。

ブラジャーがあっていない

正しいブラジャーを選べていない人は自分のバストを自ら垂れるように助長しているとも言えます。

間違ったサイズのブラジャーを身に着けるとバスト周辺の血流が滞り、必要な栄養が回らなくなることがあります。

逆に適正ではない大きなブラジャーを身に着けると反対に脂肪が背中やお腹に流れてしまうことがあり美しい形を維持できません。

皆さんは自分の無理して小さいサイズ、または大きいサイズのものを付けてはいませんか?

バストが垂れないための改善方法は?

f:id:stretch-profesional:20180818105048p:plain

生活習慣を改善すること

生活習慣を改善することでホルモンバランスが整います。

正しい生活は正しい人間本来の機能を取り戻し、健康で活発な身体を生み出します。

食事

食事においては5大栄養素である炭水化物、脂質、タンパク質、ビタミン、ミネラルをしっかり摂取していきましょう。

現代ではコンビニのような手間がかからずサクッと食べることができますが商品の中には添加物や保存料、着色料が入っているため身体には良い影響を与えません。

3食しっかり摂取し、間食もお菓子などではなく、ミックスナッツやヨーグルトといった良質なものを食べていきましょう。

睡眠

睡眠時間の確保はとても大切です。

睡眠時には身体を整える成長ホルモンが分泌されます。また睡眠時間が3時間~4時間の人と、7時間眠る人ではカロリー消費量も変わります。

実は睡眠時には300kcal消費すると言われます。これは7時間睡眠をとった人の場合です。

つまり忙しくて睡眠時間を摂取できていない人は太りやすいとも言えます。

そういう時は寝る前の習慣として無駄にテレビをみていないか?動画などをみていないか?SNSをみる時間が長くないか?等自分の無意識の習慣を変えていくことから始めていきましょう。

運動

f:id:stretch-profesional:20180818110652p:plain

バストが垂れないためには運動も必要です。

中でも筋トレやストレッチが効果的でしょう。この2つは姿勢を整えるのに抜群の効果を発揮します。

筋肉増やすことは基礎代謝を向上させ、ホルモンバランスを整え、体内リズムを変えます。

また予防として余計な脂肪をためこまない、クーパー靭帯を皮下脂肪によって伸ばすことがない等、万能ともいえるでしょう。

 

しかし皆さん分かってはいるけどやらない選択を取る方が多いですね。

習慣的に筋トレやストレッチを行っている人はバストが垂れないどころかハリのあるかたが多いのも事実です。

皆さんも是非筋トレやストレッチをしてバストを美しく保つ習慣を身に着けるのはどうでしょう?