健康的できれいな女性のカラダをつくる筋トレ、ストレッチ方法

悲劇を防げ!胸が垂れる前の筋トレをしてバストアップする方法

【スポンサーリンク】

治らない陥没乳頭を治す方法あれこれ!

陥没乳頭の女性はなかなか人に言えずに困っているのではないでしょうか?

 

人にみられるのも恥ずかしいから温泉にも行けない、彼氏との夜の営みにも抵抗がある。

嫌われたらどうしよう。

できることなら一人で治したい。ネットでは色々な体験談やアドバイスが書かれていますがどれが本当なのやら……

そして陥没乳頭は、乳房の内側に埋没した乳首のことで最近では若い女性に多くみられる症状です。

 

成人女性の1割、つまり10人に1人が片側または両側が陥没乳首であると言われています。

陥没乳首には、刺激を与えると乳頭が突出する「仮性(軽度)」と、刺激を与えても乳頭が突出しない「真性(重度)があり」、片側もしくは両側にその症状があらわれます。

女性に多くみられる症状ですが、男性に見られることもあります。

 

そんなお悩みに陥没乳頭の治し方を紹介します。

陥没乳頭の原因は?

f:id:stretch-profesional:20180907170424p:plain

陥没乳頭は何が原因では発症するのか?

特に多いのは胸の成長過程の中で起こることが多く、乳管や乳腺の成長に差が生まれることが発生原因と言われています。


原因の中でも大野が「乳頭を支える繊維組織が未発達である」という先天的な場合と、「がんや乳腺炎、乳房の手術により症状があらわれる」後天的な場合に分けることができます。

 

そして2つに分けられます。

刺激を与えると乳頭が突出する仮性、刺激を与えても乳頭が突出しない真性に分けられます。

 

特に後者は重度の状態と言えます。

先天的な場合はそもそも生まれる前から乳首がなんらかの理由で陥没していることがあります。

今現在考えられているには乳腺の繊維組織が未発達によって発生していることが考えられます。


つまり生まれつきの陥没乳頭。

また生まれつきではなく後天的な理由として乳がんや乳腺炎になってしまうと、乳首が陥没してしまうこともありますので、知識として覚えておきましょう。


どちらかというと陥没乳頭は先天的な原因が多いと言われています。

 

 

陥没乳頭を治す方法あれこれ

f:id:stretch-profesional:20180907172032p:plain

①マッサージ

方法は親指と人差し指を乳輪の外側部分に押し当てて乳首を押し出すようにしたら、親指と人差し指をゆっくりと水平に伸ばして乳輪を横に広げるようにします。

 

これを繰り返し行います。そして効果がなければ陥没乳頭矯正器具をオススメします!軽い仮性陥没乳頭なら効果が期待できますよ!

 

片手で乳房を支え、乳頭が正面を向くようにします。

もう片方の手の人差し指と親指で乳輪部から乳頭にかけて、少しずつ位置を変えながら上下それぞれから圧迫していきましょう!

初めはゆっくり、痛くない程度に優しくおこないましょう!

②吸引グッズ

マッサージがだめなら吸引グッズを使うことをおすすめします。

吸引グッズはピペトップなど多くのものがありますが、まずはこういうもので対応していきましょう!

f:id:stretch-profesional:20180907172706j:plain

陥没乳頭の改善にピペトップはおすすめです!そして使い方を知らないといけません。

そしてこれがどんな商品なのか紹介します。

まずピペトップを利用すると陥没した乳首を表に出すことができる可能性が高くなるのです。

小型なため装着したままでもブラジャーをつけることができるためいいですよね!

つまり、日常生活でも仕事ができるということです。

あまり意識せず手軽に改善できることがメリットです。

そして装着に仕方として最初の1ヵ月は24時間装着することをお勧めします。

 

だいたいどれくらいつければ改善するのか?という質問は良く受けますが、まさにまずは1ヵ月24時間装着しましょう!

 

しっかり1日ずつ取り換えはおこなってくださいね!

やはり菌が溜まることも考えられますからね。

 

そして2ヵ月が終了し、3ヶ月と月日が経つにつれて改善はしてきます。

③手術

美容整形などで乳首を内側に引き込んでいる筋肉を切断するなどして外科的治療をする事も可能です。

手術となると多額な費用がかかりますが、近頃は保険適応の美容外科がほとんどです。